読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emercoin

最近はビットコインもアルトコインも急騰が目立ち中々買いづらい状況が続いていますね。短期トレードで利鞘を稼ぎたい僕にとっては中々困った相場です。XRPは長期的には上昇が期待できるので、ずっと保持していても良かったのですが利確してしまいました。やはり途中でどうしても急落もありえるので、急落で拾って急騰で売るというのが有用かと思っています。

そんな中、なにか面白そうな仮想通貨は無いか探していた所 Emercoin(イマーコイン) を見つけました。

www.emercoin.com

Emercoinは仮想通貨であり、ブロックチェーンサービスを提供します。このブロックチェーンサービスとは、SSHSSL, DNSエンタープライズな用途でもよく使用するサービスをブロックチェーンを使ってより便利にしたものらしいです。詳しくは調べきれてないので、この点については後で詳細を調べたいのですが、ようは、認証情報だったり何らかの識別子をブロックチェーンで管理するものだと思います。

  • EMCSSH
  • EMCSSL
  • InfoCard
  • EMCDNS
  • EMCTTS
  • Magnet
  • EMCLNX
  • EMCDPO

マイニングは、POS, POWの2つをサポートするようです。元々、ビットコインコアをベースに開発を行っているようで、日本では無名にも関わらずウォレット上のメッセージを日本語で表示することができます。

f:id:grampus21876900:20170330195332p:plain

エンタープライズ向け Linux として世界的なシェアを持っている Red Hat Enterprise Linux のバージョン 7.x にて動作確認が行われており、エンタープライズ用途にてブロックチェーンサービスを使ってもらうことを想定していると見受けられます。

Emercoin - Red Hat Certified Software - Red Hat Customer Portal

既に、プラットフォーム部分が Azure マーケットプレイスにて提供されており、Azure で簡単に利用できるようになっています。

現在、仮想通貨の Emercoin を買いたい場合は、Bittrex で購入するのが最も手間が少ないようです。

中々評価が難しいところですが、この仮想通貨の面白いところは最初から、ブロックチェーンサービスを複数提供しておりその幾つかが既存サービスを補完するものなので、有用性が認められれば一気に普及が進みそうなところです。DNSSSHSSL なんかはよく使われるものなのでひょっとしてもしかしたら Emercoin の方を使おうという動きもあるかもしれません。

将来的な期待を込めて少し購入してみました。どの位上昇するか楽しみです。

 

3/31 追記

Emercoin ssh 便利そうです。これは公開鍵をブロックチェーン上に登録して複数のサーバーで共有できるようにし、それらサーバーへ簡単にログインできるようにするもののようです。沢山サーバを管理するような場合は、一々公開鍵をそれぞれのサーバに登録してやらなければならないので、この方法なら手間を省けます。

元々Linuxなんかでは、LDAP 等を使って同じような事はできていました。認証情報を一元管理したり、レプリケーションの設定を行うことで認証(LDAP)サーバが停止しても認証に障害が生じないようにすることができます。しかし、バックアップのために認証サーバを立てるのは面倒ですし、認証サーバ自体を立てるのも中々面倒です。それに対して、Emercoin ssh認証サーバに相当するものを必ずしも用意する必要が無く、お手軽に同じシステムを提供してくれるという点が優っているように思います。

まとめると Emercoin ssh では

  1. 認証情報を一元化できる
  2. バックアップ用のサーバが不要
  3. お手軽

を実現できます。

emercoin.com